裁判業務
HOME > 裁判業務

お金の貸し借りや契約の解除など、法律上のトラブルは、品川区大井町 司法書士高橋昌裕事務所にご相談下さい。

当事務所の司法書士は、法務大臣より簡易裁判所において訴訟代理人となれる簡裁訴訟代理関係業務認定を受けております。 そのため、訴訟額140万円以下のものであればあなたの代理人として相手方と交渉することができます。また、訴訟では代理人として出廷することもできます。 (尚、140万円を超えたものについては、訴状など裁判所に提出する書類の作成し、サポート致します。)

裁判にしないで、トラブルが解決するケースもあります。

日常生活の中で裁判にしないでトラブルを解決したいことは、たくさんあると思います。
ご相談内容によっては、裁判をせずに解決できるケースもたくさんあります。まずはご相談ください。

お金に関するトラブル

貸したお金を返してもらいたい、アパートの入居者が家賃を滞納している、会社が賃金・解雇予告手当を支払ってくれない、商品を売ったのに代金を支払ってくれない...などお金に関するトラブルでお困りの方は、当事務所にご相談下さい。

契約に関するトラブル

エステに申し込んだけど高額でやっぱり解約したい、家屋の無料点検で高額リフォーム契約をしてしまった、訪問販売で購入した商品を返品し、契約解除をしたいなど、契約してしまってから、後悔していませんか?
消費者契約法などの要件を満たせば、クーリングオフ期間経過後の契約解除が可能な場合も多数あります。契約に関するトラブルは、なるべく早めにご相談ください。

トラブルが解決に至らない場合には、代理人となって訴訟・調停を提訴します。

相手方との交渉してもトラブルが解決に至らない場合には、当事務所の認定司法書士が代理人となり、調停・訴訟を提起します。
当事務所では、トラブルが解決するまで、親切・丁寧にサポートしていきます。まずは、トラブル内容をお聞かせください。

訴訟額140万円を超える場合でも、本人訴訟の支援を行います。

当事務所では、訴訟代理人となれない場合(訴訟額が140万円を超える訴訟)でも、地方裁判所などでの訴状、答弁書などを作成し、本人訴訟を支援しております。
ご希望の方には提携の弁護士をご紹介しております。