会社登記
HOME > 会社登記

会社設立、増資、役員変更など、会社登記に関するご相談は、品川区大井町 司法書士高橋昌裕事務所にお任せください。

会社を設立したい、資本金を増やしたい、役員が代わったなど会社を経営する上で登記は必ず必要になってきます。当事務所は、このような登記業務はもちろん、会社が直面するさまざまな法律問題に対してもご相談に応じています。

会社設立・・・株式会社が取締役1名、資本金1円~で設立できます。

従来、会社を設立するには最低300万円の資本金が必要でしたが、会社法の施行により、(適法な範囲で)資本金1円から会社を設立することができます。また、株式会社を設立する際に必要だった取締役3名、監査役1名も取締役1名から株式会社の設立ができるようになりました。

電子定款認証で、定款認証の際に必要な印紙代4万円が不要になります。

会社の定款認証を法務省のオンラインで申請することにより、収入印紙代4万円が不要になり、従来よりも会社設立費用が安くなりました。

会社設立費用

※ 司法書士報酬は、発起設立、取締役1名、取締役会非設置、現物出資なしの場合の金額となります。
  会社の規模・機関設計などが異なる場合は、司法書士報酬が異なりますので別途お見積り致します。
※ 登録免許税は、資本金の0.7%または15万円のいずれか高い金額が必要となります。

当事務所では、会社設立後に必要となる税理士・会計士、ホームページ製作会社などもご紹介しております。お気軽にご相談ください。

会社登記の内容変更もお任せ下さい。

機関設計の変更・役員変更

従来の株式会社は、取締役3名、監査役1名が必要でしたが、会社法の施行により一定の場合、取締役1名だけの株式会社も認めらるようになりました。
また、株式の譲渡制限を設けている会社は、取締役の任期を最長10年まで伸ばすことができます。任期を延ばすことによって2年ごとの登記が不要となり、登記費用を節約することができます。

増資・新株発行

従来、出資には銀行から「出資払込金証明書」の交付を受けなければならなかったり、現金以外で出資する場合には検査役の調査等が必要でしたが、これらの手続きが不要、若しくは緩和され増資の手続きがより簡単になっています。
また、会社法の施行により、株券は原則不要となりました。